女性にとってありがたい化粧品?オールインワンジェルとは

40view

2018.09.11

肌をきれいに保つスキンケア

通常のスキンケアは手間がかかる

男女問わずスキンケアを毎日丁寧に行っているという人は多いのではないでしょうか。肌がきれいな人というのは健康的であり、男女関係なく目を惹かれますし、魅力的に見えてしまうものです。また、日々のスキンケアの積み重ねをしている人としていない人とでは、年を重ねたときに違いが出てくる可能性があります。

一方で、スキンケアにはいくつものステップがあります。

例えば女性の場合、クレンジングと洗顔を行うだけでなく、パックやマッサージ、さらには化粧水による保湿、乳液による潤いなど、すべてを行っていると時間がかかってしまいます。仕事や家事、育児に忙しい人だと、これらすべてのことを毎日行うのは結構大変です。

手間をかけたくないならオールインワンジェル

忙しくてスキンケアをする時間がない、でも肌はきれいに保ちたいと考える人にオススメなのがオールインワンジェルの利用です。

オールインワンジェル(all-in-one)とはその名の通り、すべてのものが1つになったスキンケア用品です。化粧水や乳液、クリームなどがひとまとめとなっているオールインワンジェルは、洗顔後のケアをワンステップで完了することが可能です。先述のスキンケアのステップを一気にカットすることができ、気軽なスキンケアを実現してくれます。

オールインワンジェルの特徴

スキンケア時の選択肢の1つになるオールインワンジェル

化粧水や乳液、クリームなどが1つになっているオールインワンジェルは、忙しくてスキンケアの時間を取れない人、ケアに時間をかけるのが面倒な人にはうってつけの選択肢となります。しかし、一見するとメリットだらけのように見えるオールインワンジェルですが、デメリットとなる要素も中にはあります。そこで、続いてはオールインワンジェルのメリット、デメリットについて確認していきます。ぜひ購入時の参考にしてみてください。

オールインワンジェルのメリット

オールインワンジェルのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • スキンケアにかける時間の短縮
  • 1つのケア用品の購入で済むので費用の節約
  • 肌への負担軽減
  • 各ケア用品間の相性を気にしなくていい

まず、何度もお伝えしているように、各ケア用品を使ったスキンケアだと複数のステップを踏まなければいけないものが、ワンステップで済むため時間を大幅に短縮することができます。朝の忙しい時間のスキンケアなどもやりやすくなるはずです。

また、乳液、化粧水、パック、クリームなど各ケア用品を1つずつ買っているとそれにかかる費用がかさんでしまいますが、オールインワンジェルなら1つの商品を購入すればOKです。費用面においても大きなメリットがあるといえます。

そして、いくらスキンケアとはいっても、いくつものケア用品を肌に塗るのは負担になりますし、化粧水や乳液をなじませる過程で摩擦が発生してしまうため、こちらも肌の負担となります。

さらに、すべてが1つになっているので化粧品ごとの相性を気にする必要がありません。「これとこれを一緒に使うと効果が半減してしまう」といった心配は無用なのです。

以上がオールインワンジェルを利用するメリットとなります。

オールインワンジェルのデメリット

一方のデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 物足りなさを感じる
  • コンデイションに合わせた細かいケアができない

すべてが1つになっているため、各ケア用品をそれぞれ使ったときに比べて「本当にこれだけで大丈夫なのか?」と物足りなさを感じてしまうことがあります。また、物足りなさと近い部分になりますが、ケア用品をそれぞれ使ったときのような量の調整はできません。例えば、肌の調子によって化粧水を多めにする、別の種類の乳液を使うといった使い分けができません。オールインワンはその特性上一律的なケアしかできないといえます。

そういった点を考慮すると、オールインワンを使うにしても、各ケア用品も持っておくと状況に応じた使い分けができます。

オールインワンジェルを手に入れるには

オールインワンジェルは市販されているので、ドラッグストアなどで購入することができますし、インターネット通販でも購入可能です。使ったことがない人にとってはどれを選べばいいかわからないかと思うので、まずはお試しとして少量を購入してみてはいかがでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る