オールインワンジェルと化粧水ケアの違いを徹底比較!

84view

2018.09.11

オールインワンと化粧水ケアのメリットデメリットと比較結果

オールインワンジェルのメリット

オールインワンジェルは、化粧水や乳液、美容液、クリームなどでおこなうスキンケアを、ひとつでカバーしてくれる化粧品で、メリットといえばやはり時間短縮できることです。このひとつですべてがまかなえるので、忙しい朝や疲れているときも、ぱっとスキンケアを終わらせることができます。さらに、化粧水や乳液をフル使いするよりもコストが抑えられますし、旅行や出かける際、荷物が少なくて済みます。

オールインワンジェルは手軽に使えることが人気となり、種類が豊富なので自分の肌に合ったジェルを選ぶことができます。

オールインワンジェルのデメリット

デメリットは、オールインワンジェルひとつできちんと効果が表れるのか不安になる人もいます。化粧水ケアに比べ、浸透力やピンポイントのケアは効果が薄いと感じる人もいます。化粧水ケアでは使用量によって、さっぱり、しっとり、と調節できたのですが、調節できないことが使いにくく感じるようです。

化粧水ケアのメリット

化粧水ケアのメリットは、化粧水、乳液、美容液、クリームそれぞれに肌に必要な高濃度の成分が含まれているので、オールインワンジェルに比べると自然と効果が高くなります。べたつく季節だからクリームは少なめに、というように単品だと量で使い分けることができます。同じブランドでそろえて使えば、スキンケアをしっかりしているという感覚、満足感も得られます。

化粧水ケアのデメリット

すべてそろえて使うため、高額なコストが掛かってしまいます。高級ブランドであれば、相対的に費用がかかる傾向にありますし、旅行先に持っていく場合、荷物がかさばって重いといった大変さがあります。

比較の結果

オールインワンジェルと化粧水ケアを比較してみると、オールインワンジェルの方にメリットが多いようです。その理由として最近のオールインワンジェルは化粧水、乳液、美容液、クリームの効果だけでなく、美白やアンチエイジングを目的としたものや保湿力に特化したもの、プラセンタ配合などの高品質の素材を使用したものなど、多種多様な化粧品が増えてきているからです。

オールインワンジェルもフル使いのスキンケアも、自分に合ったスキンケア方法として状況に応じて使い分けることも視野に入れましょう。

オールインワンジェルを効果的に使う方法

化粧水とダブル使いもあり

オールインワンジェルを使用している人は化粧水ケアをしていないのか、といえばそういうわけではないようです。実は化粧水でお肌の保湿を整えてからオールインワンジェルを使っているという人もいます。ダブル使いでより効果を得る方法もあるのです。

保湿パックとして使用する

オールインワンジェルは、保湿パックとして利用することができます。保湿が必要な乾燥する時期などは試してみましょう。

自分に合ったジェルを見つける

今どきのオールインワンジェルは美白にこだわったものや、アンチエイジングに対応したもの、保湿に特化したもの、ハリや潤いを重視したものなど、さまざまな商品が出ています。あなた自身にあった商品に出会うことが重要ですが、どれを選んでいいのかたくさんあり過ぎて悩んでしまいます。そこでおすすめの商品をあつめてみました。

  • メティプラスゲル 潤いを貯め込みお肌にハリツヤを与えてくれます。
  • トリニティーライン ジェルクリームプレミアム 成分の95%が高濃度美容クリームでハリや潤いを与えてくれます。
  • シズカゲル 1本5役で肌を明るくし輝く美肌を作ってくれます。
  • フィトリフト オールインワンジェル 強い復元力を実現し、お肌にハリを与えてくれます。
  • キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ 高機能ジェルが浸透、保湿を高めハリと潤いを与えてくれます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る