オールインワンジェルにブースター化粧水を併用する理由とは

57view

2018.09.11

ブースターの役割と使い方

ブースターとは

この数年、各化粧品メーカーを始めとして、ブースターと呼ばれる導入液の販売を推してきたことで、スキンケアのひとつとして定着してきました。ブースターとはそもそも使い方や効果が分からない方も多いのではないでしょうか。今回ブースターの凄さを知ってしまったら一度使ってみたいと思うはずです。

それでは早速ブースターについて、みていきましょう。ブースターとは「後押しする」という意味があります。その名の通り、ブースターには、後に使う化粧品の成分を浸透しやすくさせる効果を期待して作られたものです。

使い方

各化粧品メーカーから色々な種類が発売されていますが、基本的には化粧水をつける前に使用するのが良いでしょう。手に直接つけてから顔に当てるタイプや、コットンを使用するタイプなどがあります。

効果

年齢を重ねるにつれ、結果の出にくい肌になってきたら、ぜひ使いたいのがこのブースターです。最新の技術により、肌表面を柔らかくし、今まで届いていなかったお肌の角層のすみずみまで素早く浸透していくのが特徴です。

さらにお肌が水分をしっかりと抱えた状態になるように導き、美容成分を受け入れられる状態に整えます。洗顔後最初に使うことで、よりお肌の深いところに美容成分を届けるため、しっとりプルプル肌になることが期待できます。

仕組み

各化粧品メーカーによって、ブースターの仕組みや役割は様々ですが、一般的な仕組みを説明していきます。まずはブースターを使用すると、古い角質を剥がれやすくするところから始まります。

そのまま肌を柔らかく整えます。さらに美容成分などが素早く浸透できるように、浸透ルートをつくります。角層の深いところまで浸透しやすい肌に整えてくれるため、次につける化粧水やゲルなどが、素早く浸透していくことが可能になります。

つまりブースターを使用しない場合、つけた化粧水は肌表面にしか浸透していませんでした。しかし使用することで浸透ルートをつくり、美容成分を角層深くまで浸透させやくすることに成功したということが大きな特徴です。

オールインワンジェルのブースターに含まれる特徴的な成分

スクワラン

ブースターには浸透を助ける成分が含まれています。自分に合った成分は使ってみないと分かりませんが、知識を溜めておくことで、商品を選ぶ補助的な役割を担ってくれるでしょう。

もともと肌の中にある天然の潤い成分のため、浸透力が高く、肌によくなじむのが特徴です。皮膚を柔らかくする効果や保湿効果もあるため、多くの化粧品に採用されています。しかしこの成分は20~30代を境に激減していくため、外部からの補填が必要になります。

アクアオイル

水と油の両方の性質を持つアクアオイルは、お肌に潤いを与えながら浸透をサポートします。

ホホバオイル

皮膚を保護するために作用するのと同時に、皮膚を柔らかくする作用もあります。このためお肌に浸透しやすい性質があることで、肌になじみやすいのが特徴です。

アルガンオイル

乾いて硬くなった肌表面をほぐし、水分や美容成分を角層まで届けるよう地盤を整えます。

アボガド油

肌を柔らかくして、浸透力を高める植物性オイルです。

フラバンジェノール

ほとんどの植物に含まれている天然由来のポリフェノールです。植物が成長していくためには欠かせないものでもあります。水分をたくさん抱え込むヒアルロン酸とも相性が良く、相乗効果を生むことでも知られています。

以上のことからブースターの役割が大きいことをご実感いただけたのではないでしょうか。化粧品をより浸透させてくれるブースターを取り入れることで、肌が大きく変わるかもしれません。オールインワンジェルにブースター化粧水を購入すると、出費が増えてしまいます。

しかしそれだけの価値があるからこそ、各化粧品メーカーが強く推奨し、購入する女性が増えています。一度ゲルとブースターの相乗効果を経験してみることをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る