オールインワンジェルで潤いを確保!美肌を作る保湿ケアとは

61view

2018.09.11

美肌には潤いが最重要!

潤いで肌のベースを作る

オールインワンジェルの宣伝広告にもよく使われている「潤い」。これは保湿効果を表しており、潤いを与える=保湿効果が高いことを意味しています。では、この保湿効果は肌にとって重要なポイントなのでしょうか?

肌が汚くなってしまう要因の1つとして、乾燥肌が挙げられます。これは、肌に含まれている水分が失われてしまい、肌が傷ついてしまう状態を表しているのです。また、年齢とともに肌のハリや艶が失われてしまうのは、加齢によって保湿力が弱くなることが原因だともいわれています。

つまり、保湿効果は美しい肌を長時間保つために必須の要素となっているのです。そのため、オールインワンジェルも保湿力が高いものを選ぶ必要があり、しっかりと保湿ケアを行うことがアンチエイジングなどにも繋がっているのです。

潤い成分は「セラミド」を重視

保湿力の高いオールインワンジェルを選ぶ際に注目したい成分が「セラミド」です。セラミドは、私達の皮膚の一番外側にある成分で、外からの乾燥を食い止めてくれるバリアのような役割をしてくれています。また、セラミドは非常に小さな成分であるため、細胞同士の隙間を埋めてくれる成分の1つでもあるのです。

そのため、セラミドが失われると細胞の中にあった水分が外へ逃げていってしまい、肌の進行が進んでしまうのです。さらに、バリア機能も低下してしまうため、摩擦などで肌が傷つきやすくなり、乾燥と合わさって肌へ深刻なダメージを与えてしまいます。ですので、保湿力の高いオールインワンジェルを探す場合は、セラミドが多く含まれているかを基準にして選ぶことが重要なのです。

夏も保湿が必要な理由とは

さて、乾燥肌などは冬に起こることが多いため、保湿ケア=冬に行うイメージがあります。それは、夏は汗などで肌の表面が湿っているため潤いが足りていると感じてしまうからです。しかし、エアコンによる乾燥や、制汗シートなどによる刺激によって、肌の内部が乾燥するインナードライという症状が起きてしまう危険性があるのです。

また、肌の水分はターンオーバーにも関係しているので、日焼けなどの紫外線による肌のダメージを回復するためにも保湿ケア受けが必要です。さらに、夏に受けたダメージや乾燥をそのままにしておくと、冬になったときに肌へのダメージはより大きくなってしまいます。ですので、夏でも保湿ケアを欠かさずに行い、肌へのダメージが大きくなる冬へと備えておく必要があるのです。

保湿力を上げるオールインワンジェルの使い方

気になる部分には重ね付けをしよう

オールインワンジェルはさまざまな成分が含まれているため、それだけでも効果が高い製品です。しかし、肌の状態は個人差が大きいため、人によっては物足りなく感じてしまうことがあります。そこで、オールインワンジェルを使用しても、まだ乾燥を感じる場合には重ね付けをしてみましょう。

これは、気になる部分に二重にオールインワンジェルを使用する方法で、量を増やすことでより高い効果を促す作用があります。ただ、一度に使用する量を増やしてしまうとベタついてしまい触感が悪くなることがあります。特に、夏はこのベタつきが気になってしまうことが多いため、なるべく触らないような場所に限って重ね付けを行うなどの工夫も行いましょう。

ライン使いで美肌を目指そう!

オールインワンジェルには多くの成分が含まれており、さまざまな役割を発揮してくれます。ですが、だからといってオールインワンジェルしか使ってはいけないということでもないのです。保湿にもっと力を入れたい場合には、オールインワンジェルの他にも保湿クリームや化粧水を使うことで、よりしっかりとした保湿ケアに繋がります。

ただし、使用している成分には相性があり、お互いに効果を打ち消してしまう場合があります。そこで、同じメーカーから販売されている商品を使用するライン使いがオススメです。ブランドによってはライン使いを踏まえて開発されており、オールインワンジェルの作用をより引き立てるように考えられている場合があります。ですので、しっかりと保湿ケアをしたい人はライン使いを駆使して、集中的にケアを行いましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る